FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
2021年度TMU高大連携ゼミⅠ「模型作りで体験する中国の建築と風土」開催のお知らせ
2021年度TMU高大連携ゼミⅠ
「模型作りで体験する中国の建築と風土」開催のお知らせ
 
高大連携室では、高大連携ゼミ「模型作りで体験する中国の建築と風土」を開催します。今回は、世界文化遺産にも指定された蘇州の名園「網師園」をお手本にして、中国の伝統的な庭園の模型作りを試みます。だんだんと出来上がっていく建物や庭の実体感覚を通して、中国文化の空間的・現場的なありさまに親しみ、中国の建築や風土について考えます。模型製作の経験、文系・理系は問いません。教室では高大連携室の大学院生スタッフもみなさんをサポートします。少しでも興味のある高校生の参加をお待ちしています。

【開催概要】
日時:2021年9月18日(土) 15:00~16:30
(全7回:9/18・9/25・10/9・10・23・10/30・11/13・11/20)
*状況によって,変更や中止の場合があります

会場:東京都立大学 南大沢キャンパス 91年館多目的ホール
(京王相模原線南大沢駅より徒歩5~10分)
参加費:無料(材料はこちらで用意します)
定員:5名程度(定員に達し次第受付を終了します。)
申込締切:8月20日(金)

下記申込サイト(外部リンク)よりお申し込みください。
定員に達しましたので申し込み受付終了いたしました。

【題材の紹介】
蘇州「網師園」
南宋時代の12世紀後半に初めて造られ、その跡地が、1765年頃には清朝の官僚邸宅とその庭園として、ほぼ現在の名前と形になりました。
私邸に造られた庭園の傑作と言われ、1997年に「蘇州古典園林」の一つとして世界文化遺産に登録されています。蘇州の庭園としては小さめですが、池の周りの回廊や白壁の建物など変化に富んだ造形が特徴的です。

【講師紹介】
木之内 誠(きのうち まこと)東京都立大学名誉教授(高大連携室特任教授)
1954年川崎市生まれ。東京都立大学大学院修了。首都大学東京人文・社会系教授を経て現職。中国文学を専門とし、場所と文字をめぐる中国古典文学史・文化史、文化景観論に関心を持つ。著書に『上海歴史ガイドマップ』『北京探訪 -知られざる歴史と今』(共著)など。

【お問い合わせ先】
東京都立大学アドミッション・センター
高大連携室 木之内ゼミ担当
koudairg@tmu.ac.jp