FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
2013年7月大学体験講座
今回は、7月に行われた高大連携室主催の大学体験講座「大学で伸びる学生になるための高校時代の過ごし方について」を紹介します。高校生活を有意義に過ごすためのヒントにもなりますので、勉強の仕方や高校生活をどう過ごすべきか迷っている方は、ぜひ一読ください。

2013年7月に首都大学東京南大沢キャンパスで高校生を対象に進学コース大学セミナーが開かれました。このセミナーの目的は、大学の先生による講演や本学在校生および卒業生との懇談、キャンパスツアーを通じて将来を見据えた「知的探究心」を育成することです。

講演は、大きなテーマ「何のために大学に行くのか? 大学では何を学び活動するのか?」「何のために高校へ行っているのか? 高校では何を学び活動するのか?」を軸にして進められました。



まずは、松浦克美教授の講演の概要を紹介します。

高大連携室室長 松浦克美教授 『高校のうちにやっておきたいこと』

大学での学びについて
1)大学は、自分の好きなことややりたいことを学ぶ場所。
2)自分の好きなことややりたいことをしっかりした人は就職活動も成功している。

勉強や高校生活について
1)授業中に覚えられることは覚えてしまおう。また授業科目以外の関係科目についてもひらめく様に授業に取り組むことも大切。
2)分らない単元の復習をしっかりすることが大切。少しでも分る分野ができると、その周辺も理解できるようになるので、全てが分からなくても要点をしっかり理解できることが大事。
3)復習は何回かに分けて繰り返しすることが効果的。休憩や睡眠を適当にとると、勉強の整理や定着時間として役に立つので生活リズムの中で活用しよう。
4)テストの点を取ることだけを目的にした勉強をすると、身につかず成績も次第に伸び悩むので注意が必要。
5)点数の取れない苦手科目については、基本的なところに戻り復習をすることが力をつけるきっかけになる。
6)色々な分野の少し難しい本の読書をたくさんすると進路選択や受験に役立つ
7)色々な体験をしておくことも進路選択や大学選択に役立つ
8)大学受験で成功している人は、部活動や学校行事にも積極的に参加している場合が多い

テストに備えた勉強について
1)予習にはスピードが大事。100点獲得を目標にすると時間がかかる。苦手科目でも60点獲得を目指す。
得意科目で80点は取れることを目指す。
2)易しい問題で瞬間的に解ける機会を増やすようにする
3)勉強友達を増やして、お互いに教え合うことも学力向上に役立つ



次は、渡辺恒雄特任教授の講演の紹介です。

高大連携室副室長 渡辺恒雄「大学で学ぶということ」

講演は、大学案内を使用して、大学での学びについて話しが進められました。

学部構成について 
本学は、平成17年に都立の4つの大学が統合されて、農学部と医学部を除き全ての分野の学びと研究ができる総合大学。詳しくは大学案内をご覧ください。

入学生について
全国から約1400名の入学生があり、半数は地方出身者で占められている。このことから分る通り、”大学“は全国から学びの目標を持った学生が集まる所。外国からの留学生も学んでいます。
大学での学び目標を持った入学生は充実した大学生活を始められる一方、とりあえず入学した学生には充実した大学生活を始められない人がいる。

教員の研究部分野について
各学部紹介の最後にある教員一覧には教員氏名の下に研究分野が掲載されている。他大学の同じ学部学科と比較するには研究分野を参考にするとよい。



参加した高校生の感想を一部紹介します。

(大学体験講座講演の感想)

・私はきっと中学も今も、テストでいい点数をとれるような勉強しかしてこなかったような気がします。テストが終わったとたん、詰め込んだ知識がスラスラと抜けていくような勉強方法です。今後につながる私らしい勉強法を見つけて委員会も行事も部活も積極的に一生懸命参加して、さまざまな分野の基礎を身に着けていきたいと思いました。

・私は忙しい部活に入っているから、このままで大丈夫なのだろうかと悩んでばかりだったが、今回教えて下さった勉強方法を活かしてやってみようと前向きな気持ちになることができた。また、「大学で伸びる学生」になれるように、日々の生活を見直していきたいと思う。

・私は自分に合った勉強方法などは、まだわかっていません。不安になったり、おいていかれたような気分にもなったりしました。でも、話を聞いて、少しずつあせらずにやっていけばいいとわかりました。ありがとうございました。

・私は今まで勉強はテストのためにやってきました。しかし、勉強は自分の力をつけるためのものだということがわかりました。テストの為に全力でやることは勿論、将来の自分の為だということも絶対に忘れないで頑張りたいです。

・自分の経験や娘さんのお話を混ぜながら話してもらえたことで、実際どのように勉強すると良いのかを知ることが出来て良かった。これからは、復習、スピード、授業時間を大切に、自分のために勉強していくようにしたい。

・今まで、高校1年生ではどのように受験勉強をしたらいいのかわかりませんでした。今回のお話を聞いて、受験勉強をするというよりも、基礎的な問題をすばやく解く力をつけていくのが今は大切だとわかりました。部活を続けるか悩んでも続けるメリットもあるのですぐにあきらめないようにしようと思いました。

・いろんな大学がある中でとりあえず大学に行こうという甘い考えではいけない。大学はたくさんあるので通える範囲で考えず、やりたい事ができる大学を探すことが大切だと思った。受験勉強は大変そうだけど大学生活を想像して頑張りたい。



この講座を通して、改めて『勉強』とは何なのか?何のためにやるのか?を見直す良いきっかけとなった高校生の方が多いようです。講演の後は、本学の在学生と卒業生から高校生へのメッセージ(アドバイス)や各コースの紹介、キャンパスツアーを通して大学の雰囲気を感じることができたようです。

最後に、高大連携室の院生スタッフからアドバイスです。
積極的に色々な大学(設備、研究室、講義内容、行事等)について調べたり、大学のオープンキャンパスや大学祭などの行事に参加したりして、自分が何を学びたいのか、将来どんなことをしたいのか、大学ってどんなところなのかを知っておくと、勉強の意欲が増すだけではなく、充実した高校生活・大学生活を送れるようになります。
ぜひ一度、勉強の息抜き程度に、大学に足を運んでみて下さい!

ここまで、読んで頂きありがとうございました。

記事掲載: 院生スタッフ




スポンサーサイト



学生交流会を行いました
こんにちは、院生スタッフの坂口です。

今回は2月8日(金)に行われた「高大連携室 学生交流会」のもようをお送りします。

学生交流会その1
司会は大学院生スタッフが行いました(司会をする筆者)

本交流会の目的は以下の通りです。
①2012年度の高大連携活動において、本学学生が協力・参加した活動の内容を振り返る。
②本年度の活動から反省点や改善点を導き、来年度以降の活動がより良い形となることを目指す。

それでは、写真とともに交流会の様子をご覧ください。

1.本学学生が協力・参加した行事を年間カレンダーより紹介(院生スタッフが紹介)
学生交流会その2

例えば7月には基礎ゼミ発表会、10月には南多摩中等教育学校の大学体験講座といったように、年間の行事の概要を紹介しました。


2.協力学生による報告会
 ①都立町田高校1年生の大学来訪のときの対応
学生交流会その4

町田高校出身の学部3年生の男子学生が12月に行われた町田高校1年生約200人に向けて行われた大学での学び講座の活動報告をしました。参加・協力したきっかけや、大変だったことなどの発表がありました。

 ②都立南多摩中等教育学校中学3年生の大学来訪時の対応

学生交流会その5

こちら南多摩高校出身の学部3年生が発表している様子です。
プレゼンテーションソフトを使っての発表ですね。ゼミのような形です。
キャンパスツアーでは中3生20人を一人で大学のあちこちを案内したそうです。
やはり20人の中学生の相手をするのは大変だったお話が印象でしたね。

 ③基礎ゼミ発表会の紹介(院生スタッフが代理で発表)

 ④大学祭における来学高校生に対する個別相談

このような活動報告会のあとには、自由討論が行われました。

今年度の活動を踏まえて、来年以降、どのような活動の工夫ができるかを自由に話し合いました。

学生交流会その3

キャンパスツアーのやり方は、町田高校と南多摩学校では、やり方が異なることが分かったので、お互いに良いところを学びあい、次回以降はそれを生かしていくことが話されました。

また母校訪問活動という、首都大の学生が母校となる高校を訪問して在校生の後輩たちに大学の様子を伝えるようなイベントを、精力的に推進していくお話がでました。

自由討論の後半のキーワードは「自発的」。
いかに大学生が自発的に活動をしていくか。非常に実りある意見交換ができました。

討論は18時過ぎには終了しましたが、参加した学生たちは、なんと19時半まで自由闊達にお互いの親睦を深めながら議論を繰り広げていました。

第1回となった高大連携室院生スタッフ主催「学生交流会」ですが、なんとか成功したかと感じております。

第2回以降の定期的に開こうと思います。

多くの皆さんが参加して、来てよかったと思ってもらえるような会にしたいと感じました。

 
○大学祭における高大連携室の活動
大学祭における高大連携室の活動

今年の大学祭も、たくさんの方々がいらっしゃいました。

高大連携室においては、多くの受験生や高校1、2年生、
保護者の方がお越しになり、活気あふれる時間となりました。

志望校についてのことや、大学の生活についてのことなど、
高校生の方から寄せられる質問は多様かつ真剣であり、
高大連携室のスタッフ一同が相談への協力・回答を行いました。
また、願書や大学案内などの資料も配布し、情報提供を行いました。

来年の大学祭でも、高大連携室では皆様からのご相談・ご質問を
受け付ける予定です。

今年は大学祭に来られなかった方も、ぜひ来年お会いしましょう。


記事記載:学生スタッフ




2011年の府大戦の結果について
○府大戦の結果について
 府大戦とは、大阪府立大学と首都大学東京との間で行われる総合競技大会のことで、
毎年、体育会系サークルを中心に学生が主体となって参加する行事のことです。
会場は大阪と東京で交互に開催され、今年は東京で行われました。

○第59回 府大戦
開催日時:平成23年7月1日(金)~7月3日(日)

○大会結果
首都大学東京の15勝15敗となり、両校の総合優勝となりました。

今年は引き分けという結果でした。早くも来年の府大戦が楽しみです。

記事記載:学生スタッフ