FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
インターンシップ体験記
みなさま、こんにちは。院生スタッフの市川です。

4月もあと一週間もせず終わりますが、新入生の皆さまは大学生活になれましたでしょうか?履修申請はちゃんとしましたか?笑
大学は高校までと異なり自分で履修を組まなければならないので、履修申請も自己責任です。しっかり確認しましょうね!

高校生のみなさまは学年があがり、大学選びを始める方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。自分の興味がある大学をたくさん見てくださいね!


さて、本日のタイトルはインターンシップ体験記!私が1年生の時に経験したことを書きたいと思います。
私は1年生の時に大学のプログラムとしてある、現場体験型インターンシップに参加しました。このインターンシップは主に1・2年生を対象にしていて、私はキャンパスで看板を見て「何か面白そうだなー」と思い参加しました!大学入学したての時期でしたが、バイトとはまた違う、実際に社会で「働く」ということを経験することにとてもワクワクしていました。


私は生物を学んでいることもあり、動物と接する仕事に興味があり、動物園を志望しました。


インターンシップは5日間でした。動物園で働くこと=動物のお世話をすることだと思っていましたが、実際にはたくさんのお仕事がありました。

動物園は動物を見て楽しむというイメージがあるかと思います。しかし、動物園の役割は娯楽だけでなく教育や保護といったことも担っているのです。つまり、来訪者に動物を伝えること!が大切なのです。このことをインターンシップでまず学びました。伝えることをするためにどうするか考えて、実際に案内をすることを経験させてもらいました。

また、園内の管理、いわゆるお掃除なども動物園のお仕事の一つでした。来訪者のために過ごしやすい環境をつくることもとても大切な事なのです。

前半の3日間は、動物園の仕事を理解することや案内、管理の仕事を経験しました。


そして後半の2日間で動物のお世話を経験しました!
動物は好きなので、接することができた二日間はとっても楽しかったです!!!しかし、一方で動物を世話することの大変さをとても実感しました。私は家で犬を飼っているのですが、とても違います(当たり前ですが笑)。いろんな種類の動物がいて、飼育の仕方も様々で、動物が健康に過ごせるようにと、とても気を使うお仕事でした。そして何よりも大型動物は食事の量も大量です!!!ゾウのお世話を経験させてもらいましたが、量にとても驚きましたし、飼育員の方が下ごしらえをしていることに驚きでした。(リンゴなどを細かくする作業等)すでにできたものが売られていると思ってました。。。5日のインターンシップの中でやりがいは一番ありましたが、一番重労働でした。それでもやっぱり動物はかわいいし、生き物の大切さを実感しました。

動物を飼育するお仕事はとてもやりがいがあります。しかし、命がある分責任もとても大きいと思いました。少し意味合いは違うかもしれませんが、私がこのインターンで一番学んだことは社会で働くことの責任感です。動物園なら動物に対しての責任、メーカーなどでは商品に対する責任をしっかりともって働くことが必要なんだと実感したのです。


インターン

5年も前になりますが、今でもこの経験はとても貴重で経験して良かったと思っています。

高校生の皆さま、新入生の皆さまにも是非いろんなことにチャレンジして、いろんなことを学んで欲しいです。

また、更新しますので気が向いたら見に来てください笑

院生スタッフ 市川