FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
院生スタッフに聞く その3-3 「好きな言葉」
こんにちは。
院生スタッフの佐伯です。

「院生スタッフに聞く」の3-3回目です。

今回のお題は「好きな言葉」です。
回答してくださるのは生命科学の市川、建築の松野です。

よろしくお願いします。

——————————

こんにちは。院生スタッフの市川です。今日は私の好きな言葉について紹介したいと思います。

私の好きな言葉は「0には何を掛けても0」という言葉です。数学で示すと0×1=0、0×10=0、、、当たり前のことですよね。
この言葉の解釈は、自分のやる気や興味、努力が0であればどんなに環境が良くても、周りの人が指導してくれたり、教えてくれたりしても0のままということです。逆に言えば自分のやる気や興味、努力が0.1でも増えれば成長することができます。
私は高校生のとき、部活の仲間にこの言葉を教わりました。日々0.1でも0.01でも自分の努力が増えれば、先生の指導や仲間との切磋琢磨という環境で成長することができる、というのがその時の言葉の解釈でした。でもこの言葉は勉強や部活、社会で働く上で伸びるために共通して考えることができる言葉だと思います。

影響を受けた言葉でもありますが私の好きな言葉です。みなさんも自分がどうしたら成長できるのか是非考えてみてください。

——————————

こんにちは院生スタッフの松野です。
今回は好きな言葉について書いていきたいと思います。

私が好きな言葉は
「あなたが生まれた時、あなたは泣いていて周りは笑っていたでしょう? だから、あなたが死ぬ時は 周りが泣いていて、あなたが笑っているような 人生を歩みなさい。」
です。

これはインディアンの有名な言葉なので耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。
自分が死ぬ時にまわりの人が泣いてくれるためには、一生の中で出来うる限り周りに多くのものを与える必要があると思います。また、それに加えて自分が笑って死ぬためには死の直前、人生を振り返ってみて満足できていなければなりません。

自分が周りの人に与えられるものなんてたかがしれていますが、それでも出来ることをして、周りの人と人生を楽しみ、自分の人生に満足して生きていけたらいいと思います。
自分が幸せになるためには周りの人を巻き込んでみんなで幸せになる必要があることを忘れずに生きていきたいです。

——————————

いかがでしたでしょうか。

スタッフごとに考えが異なっていて、おもしろいですね。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/141-4567df8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)