FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
院生スタッフに聞く その4-2 「あなたの研究内容を紹介してください」
こんにちは。
院生スタッフの佐伯です。

「院生スタッフに聞く」の4-2回目です。

今回のお題は「あなたの研究内容を紹介してください」です。
回答してくださるのは人文科学の武智、情報通信の佐伯です。

よろしくお願いします。

――――――――――

こんにちは。院生スタッフの武智です。

私は歴史考古学教室の西洋中世史の研究室に在籍しており、そこで13世紀のフランス王ルイ9世が購入した聖遺物について研究をしています。ルイ9世は1239年にラテン帝国から聖遺物を購入しており、これらを納めるためにサント・シャペルという大聖堂を建設しています。私は特にこれらの聖遺物がどのように扱われるようになっていたかをテーマにしています。

西洋史の研究は一般的に、日本語の文献(論文)を読む → 引用されている外国語文献(論文)を読む → 引用されている史料(当時の人達によって書かれた記録等)を読む → 自分が設定した問題を解決する、という手順で研究していきます。今私はとにかく一つでも多く史料を見つけようと外国語の文献を読んでいます。

なぜ私がこのテーマにしたかというと、人が「モノ」をどう扱うかについて、現在と過去でなにか共通する点があるのか、あるとしたらそれをこれからの未来に活かす方法があるのではないかと考えたからです。

昨今文系軽視の傾向がありますが、過去にあったことを正しく認識しようとする試みは時代や場所を問わず必要だと思います。また、大学での歴史学は高校のように暗記ばかりするものではありません。少しでも多くの高校生に西洋史に興味を持ってもらえると嬉しいです。

――――――――――

こんにちは。
院生スタッフの佐伯です。

私はビッグデータマイニングと呼ばれる分野の研究をしています。

簡単に説明しますと、様々な種類の大量のデータを分析して、社会に役立つ、新しい情報やヒントを得るための研究をしています。
1つだけでは使い道のないデータを大量に集めて分析することで、新しい情報を作り出すと言うところが、この分野の面白いところです。

誰のために、何のために研究をするのか、どんなデータを使うのか、どうやって分析するかなどを自分で考え、先人たちのアイディアと自分のアイディアを組み合わせ、これまでになかった情報を新たに作り出しています。
情報を実際に使用するユーザ(お客様)の方との打ち合わせなども行い、相手が使いやすい情報を分析によって作り出しています。
データの分析はとても楽しいですし、やりがいのある分野です。

私の研究しているビッグデータの他にも、情報の分野にはネットワークや自然言語処理、検索システムなど、魅力的な研究分野がたくさんあります。
情報に興味のある人は、そのなかの研究分野についても、調べてみると面白いかもしれませんね。

――――――――――

いかがでしたでしょうか。

みなさん色々なことを研究していて面白いですね。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/144-d9a70266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)