FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
院生スタッフに聞く その5-1 「こころに残っている保護者に言われたことば」
こんにちは。
院生スタッフの佐伯です。

「院生スタッフに聞く」の5-1回目です。

今回のお題は「こころに残っている保護者に言われたことば」です。
回答してくださるのは経営システムの大西、生命科学の高橋です。

よろしくお願いします。

――――――――――

こんにちは。
院生スタッフの大西です。今回のお題は「こころに残っている保護者に言われた言葉」です。私は神奈川県出身ですが、早く独り立ちしようということで今は日野キャンパスの近くで一人暮らしをしています。親元を離れるまでは気付かなかった親の偉大さを常々感じています。小さい時から親を尊敬していた私ですが、親から言われた「やってみるまで分からない」という言葉が一番印象に残っています。
この言葉は小学生の低学年くらいの時に何回も言われていた言葉です。父も母も人生で色々な人を見てきた中で、チャレンジしない人の勿体なさや物足りなさを感じ、自ら可能性を狭めるような人間にはなってほしくないとの思いから私に言い聞かせてくれました。そのおかげで無理そうなことでも端から否定しないでチャレンジしてみたり、成功させるにはどうすれば良いかを考える習慣が身に着いたと思います。大学生活を楽しむうえでもこの考え方は非常に大切だと思います。勉強だったりサークルだったりと忙しい時もありますが、案外やり方次第で両立できることも多いので、皆さんもやろうかどうか迷っていることがあるならば、一回チャレンジしてみるといいかもしれません。

――――――――――

こんにちは 院生スタッフの高橋です。
今回は、「保護者に言われて心に残っている言葉」についてお話します。

といいましても、私にとってこのテーマは少々難しいです。
なぜならば、私の両親は格言や提案的な発言を一切しない親でした。それほど、子供たちの自主性に任せて自由に何でもさせてくれました。その中で、唯一心に残っている父の言葉は「何事にも全力で取り組まなきゃ楽しくない」です。
直接、私に向かって言われた言葉ではないのですが、何にでも凝り性の父との会話の中で、趣味や仕事に多くの時間をかけて疲れないの?と質問を投げかけたとき、自分がやりたくて取り組んでいるから楽しいだけで、疲れるとか思ったことも感じたこともない。ただ、全力でやったことは何でも楽しい。仕事も趣味も。と返されました。
高校に入学したばかりで大学進学について漠然としか考えていない時でしたが、この言葉をきっかけに、自分が全力をかけてやりたい事はなんだろう?と考え始めるようになりました。みなさんも、全力で取り組みたい何かを見つけてみませんか?

――――――――――

いかがでしたでしょうか。

院生スタッフに聞いてみたい事がありましたら、気軽にコメントで質問してくださいね。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/150-800186b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)