FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
院生スタッフに聞く 2016年度第2回④「大学から始めたこと」
こんにちは。
院生スタッフの大西です。

前回に引き続きテーマは「大学から始めたこと」です。
回答させていただくのは、生命科学の高城です。

よろしくお願いします。


——————————


こんにちは。院生スタッフの高城です。
テーマは「大学から始めたこと」ということで、このお題から真っ先に思い浮かんだのは、ダンスを始めたことです。私の大学生活を充実させてくれた要素のひとつです。
ダンスと聞くと、ヒップホップやブレイクダンスやロボットダンスなどが有名ですよね。わたしもそれぐらいの認識しか持っていませんでしたし、もともと人前にたって何か表現したり、目立つことに恥ずかしさを感じる性格だったので、まさか自分がダンスを始めるなんて思っていませんでした。
きっかけはサークルの新歓講演を見に行ったときでした。ダンスサークルへの入部を決めていた友達について行ったのですが、正直なところダンスサークルにさほど興味はありませんでした。テレビでたまに放送されるダンスの映像を見るぐらいで、自分も踊りたい、ダンスをしたい!という気持ちは特にありませんでした。ですが、いざ講演が始まると、私の気持ちはあっという間に変わりました。それはそれはもう本当に格好いいステージで、間近でみるダンスは迫力がありました。そして何より舞台にたって踊っているひとたち全員が笑顔で生き生きとしていたのが印象的でした。講演が終わるころには、私もダンスをはじめたい、と思うようになりました。しかし人前に立って表現をするのが苦手なことがひっかかり、入部は悩みました。自分には向いてないのではないか、と。そのとき、講演を一緒に見に行った友達が言ってくれました。「やってみないとわからないよ。少しでも興味があるならやろう!」始める前に出来ないとネガティブになっていた自分が馬鹿らしく思えました。私は友人の言葉に背中を押され、入部を決めました。今ではダンスを始めて心からよかったと思います。興味をもったことは行動にうつす、単純なことかもしれませんが改めてそれが大事なんだと実感しました。


——————————

ありがとうございました。
大学は勉強だけをするところではありません。今後の人生の楽しみに新たな趣味をみつけることも大事ですし、その過程で友人を作ることも大事です。やりたいことがあるのならば迷わず挑戦しましょう。

院生スタッフに聞いてみたい事や扱ってほしいテーマがありましたら、気軽にコメントしてくださいね。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/176-df159a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)