FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
2016年度第3回④「院生の現時点での目標」
こんにちは。
院生スタッフの大西です。

今回のテーマは「現時点での目標」です。
回答させていただくのは、生命科学の新井です。
よろしくお願いします。

——————————

こんにちは。
スウェーデン留学中の新井です。現在の目標について書きます。

私が研修留学を決めた理由の一つとして、海外という環境で生き抜くことができるか自分を試したいという気持ちがありました。
なので、現在の目標は「海外でも研究者としてやっていけるようになること!」と書きたいところですが、あまりにもざっくりしているので私がどんな基準で「(研究者として)やっていける」を判断しているのかできるだけ具体的に書いてみます。

A) コミュニケーション関連
①1日に1回は研究室のメンバーと会話する、時には研究の話をする
②困っている人がいたら助ける、協力的になる
③共同研究者・指導教官と定期的に話し合い、意思疎通を図る

B) 実験
①1日1回、継続的に実験する
②1日、1週間、1か月、3か月、半年の計画を立てられる
③結果が出たらその都度考察し、目標・計画の再設定を行う

C) アウトリーチ、基礎学力等
①英語・日本語でわかりやすい文章を書ける、言葉で伝えられる
②定期的にみんなの前で発表する(ゼミ・学会発表等)
③最新の学術論文を毎日読み、常に新しい知識を取り入れる

いかがでしょうか。
「研究」というと敷居が高くて、イメージもぼんやりしているかもしれませんが、箇条書きにして書いてみるとそんなに特別なことはしていないのかもしれません。(英語でやるとなると難易度が高いですが…)
また、研究者というと実験ばかりしているイメージがありますが、私はそれ以外のコミュニケーションやアウトリーチも研究者として重要な要素の1つだと思っています。
自分の実験にのめり込むだけでなく、周りの人と協力しながら研究を進められるような力をつけたいです。

——————————

ありがとうございました。
大学での研究に必要な能力はその分野の知識だけではないということですね。
高校までに培ったコミュニケーション力やチャレンジ精神は研究にも活きてきます。

院生スタッフに聞いてみたい事や扱ってほしいテーマがありましたら、気軽にコメントしてくださいね。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/183-efa3e233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)