FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
実習について
こんにちは,高大連携室の中込です。

私は現在,臨床心理士という資格を取ってカウンセラーとなることを目指し,勉強しています。私は,資格を取るうえで実習を行うことが必要で,今までも様々な現場に行きました。今回は,私の実習の話を通じて,現場に出ることの大切さについてお話ししたいと思います。

私は現在行っている実習も含め,今まで,病院,就労移行支援施設,小学校などに行かせて頂きました。

実習で行うことは,実習先によって様々ですが,実習先の職員の方の手伝いをしたり,利用している方と会話をしたりフォローをしたりします。また,毎回その日に行ったことや体験したことを,実習担当の方と振り返りをし,今回の出来事は何を意味しているのか,今後何を勉強すればよいか等指導を受けます。

実習で私が大事にしていることは,今の自分に何が足りないかを知ることです。

実習で実際に現場に出てみると,実習先のスタッフの方の動きに圧倒されたり,実際に自ら動こうとすると中々勇気が必要であったりと自分の今までの勉強は何だったのかと思い知らされることがよくあります。

しかし,[何もできなかった。],[あの職員の方のようになりたい。]で終わるのではなく,具体的に何が出来なくて,今後どのような知識・能力を身に着けていく必要があるか,[あの職員の方]のようになるために今後何を勉強すればよいのか,実習が終わった後も考え,勉強に反映させていくことが必要であると僕は思います。

実習は,首都大でいえば教職を取ったり,健康福祉学部等の方は絶対に必要になります。実習に行く必要のない方でも,インターンやアルバイトも現場に出るという点では同じことがいえると思います。実際に現場に出ることで,自分が何を身につければいいのかを常に顧みながら,大学生活を送ってほしいと思います。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/241-e794a894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)