FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
私の実践したい授業~後編~
 こんにちは!高大連携室院生スタッフの上野琴久と申します!
 前回、ブログを書かせていただいた際に、『私の実践したい授業~前編~』ということで詳しくお話させていただきました。
 今回は、その後編をお話させていただきます。
 前回は「イメージしやすい簡単でわかりやすい説明」と「豊富な演習量」について詳しく述べさせていただきましたが、これらは全て先生から生徒に与えるもの、いわゆる受動的なものです。今回は、受動的ではなく能動的かつ主体的に生徒が授業に参加したり、考えたりすることをテーマにお話します。
 塾などでは、ひたすら与えられた問題をひたすら解かされます。そして一番よく用いられる解法を教えてもらい、その反復をすることで入試対策を行なったりします。学校の授業も実績を上げることを狙いとして、そういった授業が行われていることも少なくありません。もちろんそれを経験して他の問題に活かすのであれば、大切なことかもしれません。しかしながら、これからの時代はそういった決まった解は全てパソコンがやってくれます。我々はまだ解かれていない問題を自ら見つけ、また自ら考え、それを解く方法を考えなければなりません。そういう意味で「簡単かつわかりやすい説明」、「豊富な演習量」より重要なポイントです。
 中学、高校の段階で数学的な問題を自分で見つけるのはなかなか困難かもしれません。そこで、ある程度教員は材料を用意する必要があると思います。今回は数列の極限で考えてみます。
上野1
上野2
上野3
 専門的な用語をある程度定義しておいて、その用語を理解するための例示、そしてグループディスカッションへと移ります。これは部分集合を実際に自分で作り、友達と一緒に考え、議論しながら専門用語の概念を求める問題です。また、題材が教科書にはないため、生徒が既に知っている可能性が低い、いわゆる未知の領域です。部分集合を自分で作るところが、生徒の主体性、能動性を助長します。また、ここで大切なのは自ら解いていくだけでなく、数学を友達と議論するところが重要です。数学だけに限らず、研究や職場などでも同僚とチームを組んで何かを築き上げる、成果をあげるというのはよくあるプロセスです。こういった、生徒たちが自分たちで考え、議論し、解決するプロセスを私は大事にしていきたいです。
上野4
上野5
上野6
 これは「求める」ことに対するディスカッションですが、「証明」に対するディスカッションや身近な2次関数の問題を見つけて考えてもらったり、もっと素朴な疑問「0は1つしかないのか?」「マイナスにマイナスをかけるとプラスになる理由」「虚数に大小は定めるべきか?」など生徒が自分で問題を発見すること、あるいは疑問はすぐ近くにたくさん転がっていることを意識として自然に持つような環境を作りたいです。
 そして最後に重要なのが「発表を取り入れること」です。自分達だけで解決するだけだと自己満足にしかなりません。それを説明していろんな人に共有してもらうことで、自分の考えは広まっていきます。また、他人の考えが刺激になり、自分の考えが変わることもあります。社会に出ても、「わかりやすく商品の良さをプレゼンテーションする」などのスキルは必ず必要になります。発表という活動がないといくら研究や議論をしても全く意味がありません。前編で述べた「演習」ともリンクしますが、演習後またはグループディスカッション後に発表活動を積極的に取り入れていきたいです。そして、質疑応答の時間もとり、より生徒たちで学問を深めていってもらいたいと考えています。
 これから教師になる上で、以上4点「簡単かつわかりやすい説明」、「豊富な演習量」、「主体的な学び」、「発表活動」を意識して頑張っていきたいと思います。大切なのはこれらのバランスだと思います。重要だからといってあまりにも「主体的な学び」のウエイトが多すぎると、カリキュラムを終わらせることができないかもしれません。そうなると大問題ですから、きちんと計画を立てつつ主体的な学びを取り入れて、授業展開を考えていきたいと思います。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/253-039c92a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)