FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
キャンパスツアー第3弾:南大沢キャンパスの交流ゾーンを歩いてみよう!
こんにちは。院生スタッフのブログ担当の者です。

約1か月、新たな更新がなく失礼いたしました。

それでは、本日の内容に入っていきたいと思います。

今回は、首都大学東京・南大沢キャンパスの交流ゾーンを紹介したいと思います。

交流ゾーンというのは、大学生協・学生ホールや図書館、情報処理施設、牧野標本館、国際交流会館周辺を指します。

特に、生協や学生ホール、図書館といった施設は、理系と文系を問わず多くの学生が利用し、交流し合う場として機能をしています。

生協・学生ホールは同じ建物に入っており、1階部分が大学生協購買部と食堂部があり、2-5階が学生ホールで様々なサークルや団体の部室があります。

それでは、写真とともにツアーに出かけましょう。

南門(駅から歩いてきた場合の入り口)から大学に入り、イチョウ並木の中を通り過ぎると右手にインフォメーションギャラリーが現れます。
インフォメ出口

インフォメーションギャラリーの奥には写真のようにアーケードが続いております。
アーケード沿いの緩い坂を登っていくと、左手に学生ホールが見えてきます。
学生ホール

その先は、3方向に道が分かれています。
学生ホール前


真っすぐ進む方向は下り階段になっておりまして、生協広場に降ります。
生協広場

正面には生協食堂があります。
食堂入口案内
こちらの食堂はカフェテリア形式になっていて、御盆を持って、ご飯ものコーナー、麺ものコーナー、丼ものコーナーのそれぞれに行って、注文をして、その場で料理を出してもらい、御盆に料理をのせてレジに進んで会計となります。
ぜひ、お昼などをとってみてはいかがでしょうか。

写真はありませんが、階段を降りて、左にUターンをすると、購買部があります。
こちらには、各種食品、文房具、生活雑貨、書籍などが揃っております。
また首都大のグッズの販売もしています。
例えば、首都大Tシャツやマグカップ、ボールペンなどがあります。
ぜひ、おみやげに、受験生は試験勉強の励みにどうぞ。


それでは、先ほどの3方向の分岐のところまで戻ります。
右手には、アーケードがずっと続いています。

アーケード沿いに進んでいきましょう。
左手の下には生協広場が見渡せるはずです。
また左手の正面には学生ホールがそびえたちます。

アーケード(通路)は左に折れ曲がり、道なりに進みます。
すると右手には図書館の本館が見えてくるではありませんか。
図書館本館
図書館本館には約65万冊の書籍がおさめられております。
学生諸君はこれらをフル活用して勉学に励んでもらいたいですね(院生である私も含む)。

図書館の玄関前から情報処理棟の方向を見ると
図書館からの眺め
なかなかいい眺めが広がっています。
写真の先には△のとんがり屋根が見えているのが分かりますでしょうか。
こちらが、情報処理棟です。

情報処理棟
この建物の中には、パソコン室とシステム管理の事務室などがあります。
パソコン室は2室あり、奥のパソコン室は学生がレポート作成や調べものといった学術や研究に関することであれば自由に使える部屋であります。
手前のパソコン室は授業で使うための部屋です。

牧野標本館
情報処理棟の向かい側には牧野標本館があります。
こちらには、植物分類学者であった故牧野富太郎氏が採集された植物標本を中心に多くの植物標本が収められています。

ここまで、南大沢キャンパスの交流ゾーンを散策してきました。

あともう一つ、国際交流会館があると思うのですが、こちらは次回にしようと思います。

では、お読みになって下さった方、ありがとうございました。







コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/38-19e36122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オメガ シーマスター 価格

時計 スイス
[2013/10/23 16:22] オメガ シーマスター 価格