FC2ブログ
プロフィール

TMU高大連携室スタッフ

Author:TMU高大連携室スタッフ
東京都立大学、高大連携室のブログ。イベント情報や、高大連携室でのできごとなど、活動記録を中心に掲載します。所属する教員・学生スタッフがそれぞれの視点からつづります。
E-mail:koudairg@tmu.ac.jp

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

TMU高大連携室のスタッフブログ
~活動記録とお部屋でのできごと~
都立西高校ニワトリ胚観察実習
こんにちは!院生スタッフの山崎です。

先日、都立高校における生物実験補助および高校生への大学紹介の一環として、都立西高校へ行ってきました。内容としては、ニワトリ胚の観察実験を技術的にサポートし、首都大の生命科学コースで学べる事などを少し話してきました。今回はその時の報告を書こうと思います。

おくたに君
[西高校西門] 今回一緒に行った生命科学コースの奥溪君

実習を始める前、久し振りに「起立!」という号令を聞きました、大学の授業では号令は無いので、非常に懐かしい気持ちになりました。
自己紹介の後、さっそく実験です。

IMG_0978.jpg

IMG_0977.jpg
まず、私がお手本を見せます。卵の持ち方、ピンセットの使い方、胚の位置や取り出し方などを丁寧に説明しました。人に見られていると手が震えてしまうのですが、今回は無事成功しました。
お手本を見せた後は、自分たちで胚を取り出してもらいました。
卵の殻をピンセットで割る行為だけでその人のセンスが分かるので、指導する側としては、その違いが非常に面白かったです。
DSC_2022.jpg
上手くできないところは、助言や手伝ってあげました。
胚を取り出すことができたら、実体顕微鏡で観察しました。

ある程度観察した後に、少し講義を行いました。
発生段階の基準となるステージについて説明中
IMG_0984.jpg
どのくらい胚が成長したかを知る指標を作ることは、研究をする上で非常に重要です。

同行者の溪谷君がスケッチの仕方・意義について説明中
DSC_2024.jpg

DSC_2027.jpg
スケッチは大きく!分かりやすく!!何を見ているのか伝わるように!!!

最後に首都大学東京の生命科学コースではどのような事が学べるのかを話させて頂きました(宣伝)
具体的には、生徒一人ひとりに生物に関連する単語を上げてもらい、それらの単語に関わる分野の勉強が出来るかどうかを話しました。
DSC_2032.jpg
染色体・DNA等といった単語からセントラルドグマといった概念まで、多くの単語が挙げられました。上の写真に写っているほとんどの単語は生命科学コースで学ぶことができます。
☆首都大 生命科学コースでは、生物について幅広く学ぶことが可能です☆

生物部の1年生と雑談(地衣類に興味があるらしい)、ゼミナール入試をおススメして帰りました。

【感想】
全体として非常に手際が良く、スケッチも上手だったと思いました。今回は、生物に興味を持っている生徒が対象の実習だったので、この実習を機に生物への興味をさらに深めてもらえたら嬉しいです。

院生スタッフ 山崎卓哉
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://koudaitmu.jp/tb.php/77-1a3e69fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)